レイビス

脱毛ができない条件とは?

脱毛ができない条件とは?

 

脱毛は特殊な光を用いて施術をするため、少なからずお肌や皮膚に刺激を与えます。

 

なので、体調や条件によっては、脱毛ができない場合もあります。

 

今回は、脱毛NGとなる条件について、お話していくことにします。

 

 

妊娠中

 

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れていることも多く、お肌にトラブルが発生しやすくなっています。

 

ですので、ほとんどの脱毛サロンでは、施術NGとなっています。

 

 

日焼けをしている

 

過度に日焼けをしている場合、光が過剰に反応してしまいます。

 

すると、火傷をしてしまう可能性があるので、施術することができません。

 

 

タトゥーや刺青がある

 

脱毛サロンでの照射は、「黒い部分に反応する特殊な光」を用いて脱毛効果を得ます。

 

タトゥーや刺青がある部分も、日焼けと同様に光が過剰に反応してしまう恐れがあるため、施術ができません。

 

ワンポイントでタトゥーが入っている場合は、その部分を避けての照射となることが多いですね。

 

 

ホクロやしみがある部分

 

ホクロやしみも、タトゥーと同様の理由で施術をすることができません。

 

ホクロやしみがある部分をシールで保護しながら、施術を行うことになります。

 

 

生理中

 

生理中は、ホルモンバランスが変化しており、お肌にトラブルが起こりやすい状態です。

 

そのため、施術を行っていない脱毛サロンが多いですね。

 

 

持病がある

 

肝臓病や皮膚病などの持病がある場合は、施術ができない可能性があります。

 

持病がある場合には、事前に医師に「脱毛して大丈夫か?」ということを確認しておきましょう。

 

 

予防接種を打った、打つ予定がある

 

ワクチンを打ったあとの体には、いろいろな変化が起こります。

 

体調が変化する可能性を考慮して、多くの脱毛サロンでは、脱毛日の前後10日間ほどに予防接種の予定がある方は施術できません。

 

 

飲酒をしている

 

アルコールを摂取した状態は血液の巡りがよくなり、お肌への刺激も強くなりがちです。

 

なので、やはり施術することができません。

 

 

このようなことが、「脱毛NGの条件」となります。

 

それぞれの脱毛サロンによって条件は異なりますので、カウンセリングの際に確認してみてくださいね。