レイビス

脱毛サロンでの勧誘の上手な断り方

脱毛サロンでの勧誘の上手な断り方

 

脱毛サロンでありがちなのが、「勧誘」ですよね。

 

今回は、勧誘された際の対処法について、お話することにします。

 

 

  • はっきり断る

 

はっきりと断れる場合は、「必要ありません!」と潔く断りましょう。

 

しっかりと伝えれば、それ以上勧誘されることはないでしょう。

 

 

  • 時間がない旨を伝える

 

「はっきりと断れない…」という場合は、時間がないことをアピールしましょう。

 

次の予定が入っていることがわかれば、引き止められることもありません。

 

また、事前に「○時から予定があります」と断っておくのも良いですね。

 

 

基本的には、上記のような対処で勧誘をストップさせることができます。

 

 

なお、万が一無理な勧誘に負けて契約してしまった場合でも「クーリングオフ」があることを覚えておきましょう。

 

クーリングオフとは、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる制度のことを指します。

 

 

消費者を守るための制度ですので、無理な勧誘に負けて契約してしまった場合でも、以下の条件に当てはまっていれば契約を解除することができます。

 

  • 契約から8日以内

 

  • 契約期間が1カ月以上

 

  • 契約金額が5万円以上

 

 

5万円以下の契約には適用できませんが、高額な契約な場合は有効です。

 

「勧誘に負けて契約して後悔している…」という場合は、こういった制度を利用するようにしましょう。

 

詳しくは、全国の消費者センターなどに問い合わせてみてくださいね。

 

 

以上、「勧誘の断り方」と「契約をしてしまった場合の対応」について、お話してきました。

 

一口に勧誘といっても、種類はさまざまあります。

 

なかには、お得なキャンペーンや契約方法をアドバイスしてくれている場合もあります。

 

まずは「勧誘!」と決めつけずに、最後まで話を聞いてみると良いかもしれません。

 

あまり身構えずに、気楽な気持ちでカウンセリングを受けてくださいね!