レイビス

脱毛施術日の持ち物や服装ってどうしたらいい?

脱毛施術日の持ち物や服装ってどうしたらいい?

 

初めての脱毛施術日は、分からないことだらけですよね。

 

そこで今回は、脱毛施術日の持ち物と服装について、お話することにします。

 

まずは、持ち物をチェックしていきましょう。

 

 

  • 会員証

 

これは、必須ですね。

 

忘れてしまうと照会に時間がかかってしまうこともあるので、忘れずに持っていきましょう。

 

 

  • シェーバー

 

無料シェービングがない脱毛サロンで、剃り残しがあった場合に使用します。

 

 

  • 洗顔フォーム、クレンジング剤

 

顔脱毛をする場合、施術前にメイクを落とします。

 

備え付けがある脱毛サロンが多いですが、お肌に合わないこともありますので、普段使っているものを持っていくと良いでしょう。

 

 

  • 帽子、サングラス

 

顔脱毛を行ったあとは、紫外線の影響を防止するため対策が必要です。

 

大き目のサングラスや、深めの帽子を持っていきましょう。

 

 

  • スキンケア用品

 

乾燥気味の方の場合ですと、施術後のアフターケアでは不十分な可能性があります。

 

保湿剤などを持っていくと良いでしょう。

 

 

  • メイク道具

 

施術中は、顔を伏せたり顔にタオルをかけたりと、お化粧が崩れやすいです。

 

メイク直し一式を持っていくと安心ですね。

 

 

  • ヘアセットグッズ

 

メイク同様、髪型も崩れやすいです。

 

ワックスやスプレーなどを持参すると便利ですよ。

 

 

続いて、脱毛施術日の服装について、気をつけるべきポイントを挙げていくことにします。

 

  • 着脱しやすい服

 

  • アクセサリーは極力つけない

 

  • 髪型はシンプルに

 

これら3つがポイントです。

 

 

脱ぎ着しやすく、崩れても問題ないシンプルな髪型にしましょう。

 

崩れやすいアップスタイルは、避けたほうが無難です。

 

また、アクセサリーは取り外したまま忘れて帰ってしまうこともあるので、極力つけないほうが良いでしょう。

 

 

以上、施術日の持ち物・服装についてご紹介しました。

 

もちろん個々によって、必要・不必要があります。

 

あなたのスタイルに合ったアイテムを選んで、脱毛サロンに行くようにしてくださいね。